剣盾から始める7世代乱数

ポケモン剣盾、USUM 乱数調整の軌跡など

【USUM 固定乱数】自分がなんだこれ?と思ったやつ【疑問集】

乱数は当然分からないことの方が多いので、少しづつ分かることを増やして点と点を線にしていく作業が個々で必要になってきます。

 

自分と同じように今剣盾メインでやってて、7世代乱数興味あるけど…って人は少なからずいるはず。

100%理解しているわけじゃないですが、7~8割ぐらい分かってるような自分でも色違いの入手は全然できているので疑問を解決するヒントになれたらいいなぁという願望を抱いて書いてます。

 

初期シード、現在位置の針を読むの大変なんだが?

作業としてはこれが一番占める割合は多いと思います。何度も針を読むことになる。正確な針が読めないと乱数は100%不可能です。めっちゃ大事。

必ずリセット後の針10回分を読む、これが1区切り。

タイトル画面から進んで、暗転が開ける微前からもう針は動いていて目視で暗転が開けたことを確認した時点では遅い。よって目視だと厳しいので絶対おすすめしない。

自分の場合は手持ちのiphoneで針10回分をスロー撮影して、停止させたままシークバー動かして確認してます。(終了時の位置にすると、開始の際どいラインを攻めなくても済む?)

現在位置は目視でも確認しやすい。連続した針の入力で特定するので、初期シードと違ってどのタイミングでも調べられる。QR画面で1回針を回すと1消費。

目標の個体が出ても出なくても、やる度に初期シードを求め直す必要があるのでこの面倒な作業から逃れることはできない。

ニードルリードだとか、ロンリースクリーン?のような補助ツールを使うとより確実にできるみたいです。自分はiphoneで慣れたので使っていないし、使い方も知らないです。

 

NPCってなに?

見えないNPCがいるらしいです。見えないこいつが乱数消費してくれたり、瞬きで邪魔になったりしてるらしい。ホール内は基本NPC1、ツンデツンデ等一部はNPC0が基準。

NPCの数によって消費される幅が変わる感じで(消費量の単位のような認識)、自分でコントロールできる部分もあれば、デンジュモクのように自分以外の影響で変動したりとかもする。別にNPC数が変わったからと言って乱数の手順が変わるわけではない。NPC0は1よりも進む消費が少なく、NPC2は1より消費が多いということ。

 

大きく消費したい時等にツールのNPC数を14にしてかかる時間を求めてタイマー開始、フェス城内で時間まで放置しておく。刻みたい時や最後狙う段階ではNPC数は基準に戻しておく。

↓この針ツールの赤枠部分のこと。ちなみに現在位置は「~番目、次は○」の○部分。

f:id:pure_purely11:20210319103912p:plain


自分自身が「NPCってなに?いたらどうなんの?じゃあNPC100にしたら見えない奴が100人いるのか?」レベルで意味が分からなかったが、そういうことではないらしい。決まった数で該当する場所にいて初めてその分だけ消費され、とりあえずNPC14だけ覚えれば問題はない。

 

意外に失念しやすいが個体検索範囲、現在位置検索範囲の中にいることを確認する。じゃないとあれ?特定できない?あれ!?ってなります。

 

どこをどう見たら何フレーム続いてるとかわかるのか、猶予はどれぐらい?

f:id:pure_purely11:20210228020102p:plain

最初は見方がわからなかった。画像はツンデツンデ(NPC0)のシードで、赤枠の部分が連続していることになる。Frameが連番だったり、同じ個体値が連続してたり、リアルタイムの欄を見ると分かりやすい。

「ずれ/F」は目標消費(0)を基準にそこからプラマイ何フレーム(F)猶予があるのかが分かる。目標消費の欄を入力してないとすげぇ桁の数字が並ぶけど別にバグってるわけじゃない。入力しなくても何も問題はない。(2F=0.033秒 4F=0.067秒くらい)

リアルタイムの欄からは時間にするとどれぐらい猶予があるのかも分かる。画像は122時間となっているが近いとこまで消費計算したら分+秒が出るので見れば分かります。ちなみにこの122時間はNPC0でそのまま消費させたらこんだけかかるってことで、当然待ってられないのでここから前述したNPC14で大きく消費することになります。

瞬き★直後のMark30地点を狙うと10376932から後ろに1秒も猶予ありますってことらしい。実際はこの連続の直前と直後に"?"があって直前が原因(?)でわけわかんない先の謎個体が出て失敗しました。"?"が駄目っていうのはこういうことらしい。★直後を狙うどうたら~はNPC0限定らしいので、ホール内であれば無難に避けたほうが安全。

この画像から次にホール内の色違いが欲しいってなったら、野生乱数タブを固定乱数タブに切り替えることを忘れない。野生乱数も固定乱数も乱数の手順は変わりません。

余談ですが、画像上のTRV部分。TSVが分かってればID調整のタブから求めれたはず。

 

目標より早い個体が出た(遅い個体が出た)けど、この結果はどうしたらいい?

エメタイマーに設定する「開始前の猶予 ~秒前からカウント開始」の部分(ズレ)のこと。個体値検索して早い個体が出たなら、目標より何秒前の個体が出たのかその時間差分を加算すればいい。逆に遅い個体が出たなら、その差分を減算すればいいっていうだけのもの。ツールの待機フレーム計算(出た個体-目標)にぶち込めば差分が出ます。

例えば、最初の何もない状態でやればたぶん3秒くらい早い個体が出るので、とりあえず3秒設定でスタートして0.6秒早い個体が出たなら加算して3.6秒設定スタート、次が0.04秒遅い個体だったなら減算して3.56秒を設定のように、繰り返し調節しながらズレをなくしていく。

 

 

【?】ツールは残り10.667秒だが、エメタイマーに入れると10.67秒みたいに端折られる。

この0.03秒はどこへ行っちゃった?端数まで揃えた方がいい?割と無視はできない時間、実害を被ったわけじゃないけど気になるふわふわ。

 

 

思いつき次第、書き足していこうと思います。

デンジュモクの記事下部にも、軽く要点を書いているのでそっちも見るといいかも。

文章も内容もこれでいいか不安なので推敲もしたい。とりあえずこれでいっちゃえ。